軍曹による ニコ生の設定あれこれ

どうも、テストハンターの軍曹です。いろんなテスト放送を助けたり助けられなかったりしております。 さて、ここでは各種設定についてちょろちょろと簡単に解説して行こうと思っとります。

プロフィール

Ruiga

Author:Ruiga
テストハンターの軍曹です。
ゲーム放送しとります。
http://com.nicovideo.jp/community/co106656

最新トラックバック

カテゴリ

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
comments(-)|trackback(-)|スポンサー広告|--------_--:--|page top

棒読みで音声再生

コメントでSEなどの音声ファイルを再生する方法です。

注意:必ず(1)で「再生(なんちゃら)」ができるようになってから、(2)に進んでください。


(1) タグ機能

  棒読み1

まず、音声合成タブで配信者向け機能を有効にします。テレビマークが青くなっていればおk。

次に、その隣の工具マークを押します。
棒読み2

基本設定が開いたら、配信者向け機能→タグ→Sound/SoundW(再生)を選びます。

01)基本がTrueになってることを確認してください。

03)フォルダで再生するサウンドファイルを置くフォルダを指定できます。
 指定しない場合は、棒読みちゃんが入っているフォルダのSoundというフォルダが音声ファイルの置き場所になります。
 変えたい人は変えて下さい。Soundフォルダをそのまま使う人はここをいじらないでください。

指定したフォルダに(指定しなければ棒読みちゃんのSoundフォルダに)音声ファイルを入れて下さい。
形式はWAV,MP3,WMA,AVI等だそうです。
音声ファイルは自分で見つけるか作ってね。ニコニコモンズにもいろいろあるよ。

  棒読み3

これでちゃんと再生できるか試してみましょう。
上ではバルス.mp3を再生しています。

たとえば、ファイル名.wav は 再生(ファイル名) で再生されます。

ここでひとまず終了。



(2)再生()なしで再生する方法
再生(・・・)といちいちコメントしてもらうのも大変ですね。
そこで、再生()をつけなくても再生されるようにします。

  棒読み6

辞書登録→タグ→単純置換 を選んでください。

デフォルトで「チャイムの音」というものがあるので、これを流用すると楽です。
消してしまった人は、↓を自分で入力してください。

  棒読み7

探索文字列のチャイムの音を消し、コメントしてほしい文章を入れます。
ここはファイル名でなくてもいいですし、☆ミ や !! など記号でもかまいません。

次に置換後の(Sound C:\WINDOWS\Media\chimes.wav)←この赤字部分を消し、ファイル名を入れて下さい。
上ではバルス.mp3となっていますが、バルスのみでも再生できるようです。できなかったら.mp3等の拡張子を入れて試してください。

新規追加を押して、下の一覧に載ったことを確認してください。

これで、バルスとコメントされるとバルス.mp3が再生されます。
(発音を押すとSoundを読んでしまうと思いますが、音声合成タブでできていればおkです。)

  棒読み5

再生()をつけなくても再生されれば成功です。

ちなみに、音声ファイルの再生は1コメにつき1つです。
1コメで2つ以上再生しようとすると、1つだけは再生されますが、あとは「サウンドなになに」と置換後がそのまま読まれてしまいます。

(補足)
  (SoundW バルス)にすると1コメに2つ以上音声再生のワードが入ってても全部再生してくれます。
      ↑
    半角大文字で「W」を入れてください。


(3)指定フォルダ以外の音

Soundフォルダもしくは自分で指定したフォルダ以外にある音声ファイルも、再生することができます。

先ほど流用した「チャイムの音」を手本に、

置換後:(Sound C:\Users\ユーザー名\Music\バルス.mp3)

といった感じにするとできます。

注意:前述の通り、1コメで2つ以上再生しようとすると、1つのみ音声が再生されて、他はすべて置換後がそのまま読まれます。
   上の例にユーザー名とありますが、もしこれが読まれてしまったら、ユーザー名が本名だったら、怖いですよね。
   この方法を使う場合は、くれぐれもファイルを置く場所に注意してください。

(補足)
  (SoundW C:\~~~\なんちゃら.wav)
   (2)の補足と同様、「W」を入れると回避可能です。




(4)余談?

(2)の別の方法です。自分はこの方法でやってるんですが、これでは出来ないという人がいるようです。
むしろ、なぜ自分はできているのかよく分かりません。

  棒読み4

(2)とほぼ一緒ですが、単純置換ではなく正規表現でやっています。
置換後には再生(ファイル名)となります
これだと、発音も正常に音声を再生してくれます。

がしかし、音声合成で試したところエラーが出ることがあります。

置換後の()かっこを半角から全角にしたところ出来たというケースがありました。

それでもできなきゃ・・・・知らん。
まー(2)でできるならそっちでいいと思うよ。
スポンサーサイト
comments(2)|trackback(0)|未分類|2010-07-16_04:29|page top

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

コメントの投稿

非公開コメント

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。